歯のことQ&A

親知らずって抜いた方がいいんですか?

「親知らず、抜いたよ!」
と友達や家族から聞く事ありませんか?
「自分も親知らずがあるなら抜かないといけないのかなぁ」と疑問に思いますよね。
 
実は、親知らずには“抜いた方がいい親知らず”と“抜かずに様子見の親知らず”があるんですよ!
 
まず、“抜いた方がいい親知らず”とは?
それは、親知らずがななめの方向に生えてきたり、極端に出っ張って生えてる時です。
そうなると、歯ブラシを当てにくくなる為虫歯が出来てしまって痛みが出たり、頬や歯ぐきに当たって腫れてきたりします。
また、咬み合わせがずれて顎が痛くなったりすることもあるんです!
そうなってしまった親知らずや、そうなる可能性のある親知らずはなるべく早めに抜きましょう!
 
では、“抜かずに様子見の親知らず”は?
それは、親知らずがまだ歯ぐきの中に埋まっていたり、歯の根が顎の神経の近くにある時です。
そういう場合に抜こうとすると、歯ぐきを大きく切ったり、骨を削ったりと時間もかかる大変な処置になってしまい、まれに顎の神経を傷つけてしまうケースもあります。
痛みや腫れ等の症状がなければ、この場合は様子を見ます。
 
でも、抜いた方がいいのか、様子を見てもいいのかは自分では判断するのは難しいですよね。
ですから、まずは歯医者さんで親知らずの状態をチェックしてもらって下さいね♪♪
ちなみに、先天的に親知らずがない人も最近増えてるんですよ。
ジャンクフードの影響でしょうかね?

 
医療法人社団聖和厚生会 ウエスト歯科クリニック